お知らせ

2021.07.02

第25回からくり改善くふう展2020「協会特別賞」を受賞

第25回からくり改善くふう展2020「協会特別賞」を受賞

 
 シスメックス国際試薬株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:内橋 欣也)は、「第25回からくり改善®※くふう展2020(以下、本作品展)」に出展し、「協会特別賞」を受賞しました。

 「からくり改善くふう展」は、製造現場のからくり改善事例を紹介する作品展で、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が主催し、1994年3月から開催されています。国内外から多数の企業が参加し、発想の転換によるシンプルなものから、複雑・精巧な事例まで、多種多様なからくりが出品され、ものづくりの現場関係者相互の「学びの場」となっております。
第25回はオンラインでの開催となり、トヨタ自動車株式会社、パナソニック株式会社、サントリープロダクツ株式会社など全50社162作品が出品され、うち22点が「最優秀からくり改善賞」「協会特別賞」などを受賞しました。

 当社は本作品展に初参加しましたが、出品した4作品のうち、「お助けペダル」が「協会特別賞」を受賞しました。
本作品は、てこの原理により、重量物である移動式1トンタンクを運搬する際に、最も力が必要となる初動を補助し、作業者の重量負荷を低減するための治具です。これにより誰でも楽に運搬作業が可能になるため、作業者の安全確保を図ることができます。
本作品展では、「アイデアの良さと前進/後進の両方向を補助できる点」が評価され、今回の受賞に至りました。過去にも、重量台車の初動を補助する作品は幾つか出品されていますが、両方向に対応した作品は当社が初めてであり、発想の転換によるシンプルな改善事例として認められた結果と考えています。

 当社では生産改革として、従業員の知恵・工夫による安全職場の推進、品質向上、生産性の向上に取り組んでいます。これらの一環として、からくりによる知恵を使った改善の推進も含めたものづくりのレベルアップを通して、シスメックスグループの一員として医療の発展に貢献してまいります。
 
 【注釈】
※ 「からくり改善」は公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会の登録商標です。
公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会 からくり改善
https://www.jipm.or.jp/business/karakuri/